マンション管理ネット新聞
お問い合わせお問い合わせ
マンション管理ネット新聞


消防設備点検回数は年何回?



総合点検と外観機能点検

 マンションの消防用設備は、消防法によって定期的に点検を行い、その結果を消防所長へ報告する義務が定められています。
 そしてその点検期間は、以下のように定められています。

 外観機能点検: 6ヶ月に1回

 総 合 点 検: 1年に1回

 報告書提出 : 3年に1回

 上記に従い、外観機能点検のみの作業を年1回、外観機能点検+総合点検の作業を年1回、
年2回の点検を行う必要があります。


 点検作業は消防設備点検資格者が行わなければならないため、ほとんど全てのマンションは点検を専門業者へ依頼されているのもと思います。
 また、管理会社へ管理業務を総合委託している場合は、専門業者への依頼内容も全て管理会社へお任せの状態になっているところも多いと思います。
 マンションはその構造上、火災が発生すると大惨事になる可能性も秘めていますので、消防点検回数や点検内容、防火管理者の届出など、管理会社任せでは無く、管理組合主体でしっかりチェックしておきましょう。

<点検内容> 消防用設備等の点検に関し必要な知識及び技能を修得した者(消防設備点検資格者)が点検実施

■作動点検
 附置されている非常電源(自家発電装置)や、動力防火用ポンプが設置されている場合、それが正常に動作するかどうかを点検します。
■外観点検
 スプリンクラー設備のヘッド(放水口)や、自動火災報知設備の感知器等が損傷したり漏水したりしていないか外観から判別できる事項を点検します。
■機能点検
 消防設備等の機能が簡単な操作により判別できる事項については、実際に感知器を作動させたり、非常ベルを鳴動させるなどして点検します。
■総合点検
 消防設備等の全部又は一部を作動させたり、または使用してみて、その消防用設備等の総合的な機能を確認します。

 





過去の掲載記事
管理会社との契約内容は?(2004年8月号掲載)
水道一括契約の差額(2004年7月号掲載)
マンションの防火管理者(2004年6月号掲載)
フローリングリフォームの騒音トラブル(2004年4月号掲載)
管理費の持ち逃げを防ぐには(2004年2月号掲載)
組合員が除草作業中に起こした事故は誰の責任?(2004年1月号掲載)
管理会社の経営状況を調べてみよう(2003年11月号掲載)
ごみ置き場のルールを守らせる(2003年10月号掲載)
「サムターン回し」「カム送り開錠」に有効な防止手段(2003年9月号掲載)
外壁の落下事故 責任の所在とその対処は(2003年8月号掲載)
被災マンション建替え訴訟 最高裁、上告棄却(2003年7月号掲載)
連結送水管の耐圧試験(2003年6月号掲載)
分譲主倒産 修繕積立金が返還されない(2003年5月号掲載)
増えるマンションの窃盗事件(2003年4月号掲載)
理事会議事録 その作成意義と方法(2003年3月号掲載)
水漏れ事故発生。責任は誰に?(2003年2月号掲載)
専有部分の改装どこまでできる?(2003年1月号掲載)
空き巣による被害を未然に防ごう(2002年12月号掲載)
コンクリートの剥落、壁のひび割れには要注意(2002年11月号掲載)
竣工図は管理組合の手元に(2002年10月号掲載)
ピッキング対策のすすめ(2002年9月号掲載)
マンション管理のチェックポイント(2002年8月号掲載)
地上派デジタル放送来年末開始(2002年7月号掲載)
エレベーター保守契約の見直し(2002年6月号掲載)
管理会社登録締め切り(2002年5月号掲載)
損害保険も組合主体で(2002年4月号掲載)
住民間のトラブル発生率No.1「騒音問題」(2002年3月号掲載)
建替えをめぐる法整備進む(2002年2月号掲載)
早期から建替え委員会の設立を(2002年1月号掲載)
決算報告書からわかるマンションの健全性(2001年12月号掲載)
解決困難なペット問題(2001年11月号掲載)
管理組合法人の有効性とは(2001年10月号掲載)
管理費の不払い対策(2001年9月号掲載)
高すぎる?管理会社の価格設定(2001年7月号掲載
相場が見えない消防点検費用(2001年7月掲載)
売り手に都合の良い管理規約(2001年6月号掲載)
30年後を見据えた資金計画を(2001年5月号掲載)



企画・運営:株式会社コストダウン・ドット・コム E-mail:info@cost-down.com
 
  Copyright © 2002-2005 Cost-down.com, Ltd. All Rights Reserved. ホームページ制作会社 ウィザード