マンション管理ネット新聞
お問い合わせお問い合わせ
マンション管理ネット新聞


Q26.管理規約の設定・変更・廃止はどうやって行う?



総会の特別決議(4分の3)でも可能

 分譲時の規約設定は、一般的に分譲業者が作成した規約案(原始規約)に購入者が記名押印し、分譲終了時に区分所有者全員の書面による合意が成立したことで、規約が設定されたものとしています。
 しかし、必ずしも規約の設定・変更に区分所有者全員の合意を得る必要はなく、総会の特別決議(区分所有者総数及び議決権総数の4分の3以上によって設定・変更・廃止を行うことができます。
 ただし、管理規約は全区分所有者にとってマンションの法律ともいえる重要な決め事であり、多数派の横暴によって一部の区分所有者の利益が害されてしまう可能性もあります。
  そこで、区分所有法では、「規約の設定、変更又は廃止が一部の区分所有者の権利に特別の影響を及ぼすときは、その承諾を得なければならない」 と定められています。
 なお、「特別の影響」とは、管理規約の変更等によって受ける一部の区分所有者の不利益とを比べて、一部の区分所有者が受忍限度を超える不利益を受ける場合をいいます。

【区分所有法】
31条
1項 規約の設定、変更または廃止は、区分所有法及び議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議によってする。 この場合において、規約の設定、変更又は廃止が一部の区分所有者の権利に特別の影響を及ぼすべきときは、その承諾を得なければならない。

 


 

過去の掲載記事
Q25.委託管理と自主管理の違いは?(2006年9月号掲載)
Q24.管理費滞納にどう対応すればよい?(2006年6月号掲載)
Q23.共益費の先取特権とは?(2006年4月号掲載)
Q22.滞納管理費の時効はいつ?(2006年3月号掲載)
Q21.役員報酬は正当?(2005年12月号掲載)
Q20.理事の職務分担は?(2005年10月号掲載)
Q19.理事になるための資格は?(2005年9月号掲載)
Q18.理事の選任方法は?(2005年7月号掲載)
Q17.総会の議事録作成の仕方は?(2005年6月号掲載)
Q16.総会の委任状と議決権行使書とは?(2005年5月号掲載)
Q15.通常総会の準備は何をすればよいか?(2005年4月号掲載)
Q14.総会で通知漏れの議題は無効?(2005年3月号掲載)
Q13.総会の召集手続きは?(2005年2月号掲載)
Q12.総会決議の基準は?(2005年1月号掲載)
Q11.総会(集会)とは?(2004年12月号掲載)
Q10.理事会の成立条件は?(2004年11月号掲載)
Q9.管理組合法人とは?(2004年10月号掲載)
Q8.管理組合とは?(2004年9月号掲載)
Q7.管理組合の「役員」と「管理者」の関係は?(2004年8月号掲載)
Q6.専有部の使用用途は?(2004年7月号掲載)
Q5.共用部分を変更するには?(2004年6月号掲載)
Q3.管理員室は専有部?共用部?(2004年4月号掲載)
Q2.専有部分と共用部分の定義は?(2004年3月号掲載)
Q1.区分所有法ってどんな法律?(2004年2月号掲載)




企画・運営:株式会社コストダウン・ドット・コム E-mail:info@cost-down.com
 
  Copyright © 2002-2005 Cost-down.com, Ltd. All Rights Reserved. ホームページ制作会社 ウィザード